ケアネットメッセンジャーで楽々介護請求│導入前に比較をしよう

男性と女性

施設の特徴と選定方法

男性女性

介護施設とは、色々な老人ホームの総称です。特養施設、老健施設、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、療養型病院、グループホームなど、高齢者の状態・病状と希望に沿って、多岐に渡る施設があります。介護施設によって、長期に入る施設や短期に入る施設など、期間が異なります。また、リハビリをする施設や長期の療養を目的とする施設など、目的も分かれます。その介護度によって、対象となる施設が異なり、介護度が変わると対処を求められる施設もあります。その特徴を十分に捉えて入所できると、四季折々のイベントへの参加や、その人らしい生活を支えてもらうことができます。介護施設では、看護師やリハビリスタッフ、相談員、介護職員など、色々なスタッフがサポートしてくれ、とても安心して生活できます。

先に挙げたように、介護施設の種類によって、その法的根拠や経営の目的が異なります。そのため、元気な頃に入所できていた介護施設に、介護が必要になったら対処しなければならないということが出てきます。介護施設を選定するうえでの留意点はいくつかあります。まず、元気な頃から施設の情報を得ておくとよいのですが、入所先を絞らないことです。状態によって、対象となる施設が違いますので、多少の情報収取にとどめる必要があります。次に、疾患を抱えている人は、その疾患が進行した際のことをイメージする必要があります。施設によっては、食事療法ができない、医療処置に限界があるなどの制限があります。入所を検討している施設が、どこまでの対応をできるか、十分に知る必要があります。最後に、施設に信頼のおける相談員や看護職員がいるかを確認する必要があります。入所後に、施設での生活に不安が生じた場合ときに、中立的な立場で相談に乗ってくれる担当者が必要となります。これらを十分に認識して、施設選定をすると安心して施設での生活を送ることができます。