ケアネットメッセンジャーで楽々介護請求│導入前に比較をしよう

男性と女性

専門家のサポート

介護士とメンズ

家族間で高齢者の面倒を見ることができない場合、介護施設に入居させて生活のサポートをしてもらいます。本来であれば家族が面倒を見てあげるべきですが、今は核家族化が進んでいて、高齢者の一人暮らしも珍しくありません。しかし、体の弱い高齢者を一人で生活させていると、急な容体の変化などで孤独死という事態にもなりかねないので、自分たちに代わってケアをしてくれる介護施設に入居させるのです。介護施設には、介護福祉士が常駐しているので、より専門的な観点で入居者をサポートしてくれます。よく、家族間での介護で、高齢者との意思疎通がうまくできずに、介護疲れの状態になってしまう場合がありますが、それは介護に関する知識が少ないことに原因があります。しかし、介護福祉士は専門の資格を取得して、介護に必要な知識や技術をすべて習得しているので、スムーズに高齢者のサポートができます。

介護福祉士が施設で行なっているサポートには、身体的な介助やメンタルケア、家族に対するアドバイスなどがあります。身体的な介助では、着替えや食事に始まり、入浴や排泄のケアまで幅広く行ないます。一般の人がこのような介助をしようと思っても慣れないうちは辛く感じるはずですが、介護福祉士は高齢者のペースに合わせて作業を進めていくので、どちらにも大きな負担がかかりません。また、介護福祉士は入居者だけではなく家族へのアドバイスも的確に行ないます。いくら施設に預けているとはいえ、入居している高齢者は大事な家族なので、介護福祉士と相談しながら無理のない介護計画を立てていきましょう。